メニュー

幼児の聴力検査について

幼児期の聞こえの問題はとても大きなものです。先天的な問題があれば、その後のコミュニケーション力や言語形式にも大いに関わります。加えて、耳鼻の形状が未発達なことでさまざまな病気に悩まされやすいものでもあります。原因が先天的なものなのか、一時的なものなのかといった診断をくだす上で、幼児期の聴力検査はとても重要な意味を持ちます。当院では、聞こえに不安のあるお子さんに対して専用の検査機器を複数取り揃えております。お気軽にご相談ください。

Q.幼児期ならではの耳の特徴とは?

A.幼児期の聴力はその後の成長過程において大きな影響を与えます。異常があれば早期に発見し、適切な対応を取る必要があります。

幼児期のお子さんは一時的な耳の聞こえの悪さを感じたり、痛みや違和感を訴えることが多いです。耳の状態を確認するという意味では耳鼻科で行う検査は非常に有効です。一方で、異常に気づかないままのお子さんが多いのもこの時期ならではの特徴です。特に幼児の中耳炎は痛みを伴わないことも多く、異常を察知できるのはまさに親御さんをはじめとした身近な方々の観察力です。表現も言葉もままならない幼児期だからこそ、普段からの注意深い観察は重要です。

Q.何歳から検査は受けられますか?

A.正確な検査データとして用いることができるのは、小学校に入ってからと言われています。しかし実際には新生児から検査可能です。

生まれてすぐの赤ちゃんは、産科で新生児聴覚スクリーニング検査(ABR)を受けます。音反射による脳の波形で、まずは大まかに聴力の有無を確認します。三歳児健診では耳元で指をこすり合わせる音を聞かせたり、言葉をオウム返しさせることで異常がないかを再度確認しています。就学時健診でも広く簡易検査が用いられています。段階的に確認することで聴覚障害が早期に発見できれば、その後の言語発達やコミュニケーションの形成において適切な対策を講じられるからです。

当院でもさまざまな検査を扱っています。ただし、聞こえを判定する検査はどれも繊細なものです。お子さんが泣いたり大声を出してしまうと正確な数値測定ができません。幼児期は言葉が未発達です。自分でうまく説明できなかったりこちらからの意図を正しく汲み取れないことも多いため、検査スタッフは細心の注意を払うようにしています。検査自体はとても簡単なものですので、小さなお子さんも安心してお受けいただけます。一般的には正確なデータとして扱うことができるのは、小学校入学以降からと言われています。

Q.検査が必要となる状態とはどのようなものですか?

A.呼びかけに応答しない、音が聞き取りづらいといった症状にお気づきの場合にはお早めにご受診ください。

お子さんが呼びかけに応答しづらいといったご相談でお越しになられる親御さんは多いです。しかしながら、幼児期の小さな耳は物理的に耳垢が詰まりやすい構造だったり、中耳炎などの病気により一時的に耳が塞がった感覚になることがあります。一方で幼いお子さんほど気分的な問題で左右されることも多いです。言葉の遅れや感情表現が薄いといった耳の聞こえにまつわるご心配がある方は、一度検査にお越しいただくことをおすすめします。親御さんから見て気になる症状がある場合には、まずはご相談いただければと思います。

Q.検査にはどのようなものがありますか?

A.聞こえの程度や症状によって種類は異なります。症状に合った必要な検査をご用意いたします。

当院では以下のような専門性高い検査機器を取り揃えております。

  • OAE検査
    内耳の細胞がエコーによって振動するわずかな反応を診て聴覚機能の有無を調べる検査です。お子さんの正常範囲での聞こえがあるかどうかを測定いたします。
  • 標準純音検査
    密閉された空間でヘッドフォンから流れる小さな音を聞き取る検査です。低い音から高い音までさまざまな種類の音が聞こえます。正しく音を伝えられているか、聞き取る機能が正常に働いているかどうかを判別する検査です。音が聞こえたらボタンを押すという簡単な検査ですので、小さなお子さんも安心して受けられます。
  • ティンパノメトリー検査
    空気圧の変化を利用した鼓膜の動きを診る検査です。繰り返し中耳炎を患うお子さんの鼓膜は硬く変質しやすい傾向があります。鼓膜の動きが悪くなると聞こえに影響するので、鼓膜の柔らかさなどを測定します。

なお診断結果により、さらに精密な検査が必要と判断された場合には専門機関にご紹介いたします。

Q.聴力に影響を与える病とはどのようなものがありますか?

A.中耳炎や難聴、真珠腫は幼児期の病気の代表格です。
  • 中耳炎
    中耳に細菌やウイルスが入り込むことで炎症が引き起こされます。場合によっては痛みや発熱、耳だれや聞こえが悪くなるといった症状が現れることがあります。幼児の耳管は大人に比べて太いため、細菌やウイルスが侵入しやすいので注意が必要です。
  • 難聴
    耳のさまざまな部位の障害によって聴力が低下する病。精神的な問題や過剰なストレスによって突発的に引き起こされるケースもあります。
  • 真珠腫
    頻度は少ないですが、耳垢が鼓膜の内側で増大することで聞こえが悪くなります。高度な専門機関で除去する必要があります。

また、片方のみに聞こえの問題がある場合は、お子さん本人としては音が聞こえているため異常に気づきにくいものです。「一定の方向から呼びかけると反応が鈍い」といったような不安を感じたら、まずは耳鼻科で詳細な検査をお受けいただくことをおすすめします。

言葉の理解が難しい幼児期だからこそ、何気ない普段からの観察を大切に―

幼児期は言葉もたどたどしく、こちらの意図を理解したり事象を正確に説明することがまだ難しい年齢です。さらに痛みや辛さを伴う症状を患うお子さんは感情のほうが勝ってしまい、激しく泣いたり怯えたりすることで正確な検査結果を導き出すことが難しいことも多々あります。いつもと違うお子さんの様子に敏感に気づいてあげられるのはお母さんやご家族の方たちです。気になる症状が見受けられたときにはお早めにご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME