みんなの医療ニュース

2022.04.25

慢性副鼻腔炎はうつ病や不安のリスクを高める

韓国の研究です。
慢性副鼻腔炎を有する人はそうでない人よりも、うつ病や不安をきたす割合が高いことが示されました。
2002年~2013年に慢性副鼻腔炎の治療を受けた患者16,224人とそうでない対照者32,448人が研究対象とされ、これらの人にはうつ病や不安の病歴はありませんでした。
11年の追跡期間中、慢性副鼻腔炎の患者では、うつ病や不安をきたす割合が50%以上高いことが示されました。
うつ病、及び不安を発症する割合は対照者と比べた場合、鼻ポリープのある患者5,461人ではそれぞれ41%及び45%高いこと、またポリープのない患者ではそれぞれ61%及び63%高いことが分かりました。
副鼻腔炎を有している人でも、自分が慢性副鼻腔炎であるとは認識していないことが多いため、耳鼻科医を受診して早期の診断・治療を受けることが重要です。



(文責:株式会社プロウェーブ《prowave.co.jp》/引用: ロイターヘルス)

みんなの医療ニュース 一覧
診療時間 日・祝
午前 
9:00~12:00

13:00まで
午後 
15:00~19:00
補聴器外来は月曜、金曜のみ(ご予約には受診が必要です)
休診日:水曜、日曜、祝日/土曜は9:00~13:00まで

オンライン受付

携帯電話、スマホ、パソコンから受け付け予約が可能です。

オンライン受付

自動電話予約

受付システムのご案内