みんなの医療ニュース

2022.06.24

CPAPが苦手な睡眠時無呼吸患者さんに救世主?

現在、中等から重症の睡眠時無呼吸症候群の治療法としては、顔面にマスクを装着し、気道へ空気を送り込むCPAP(シーパップ)(経鼻的持続陽圧呼吸療法)が主流です。 ただ、なかにはCPAPで効果が得にくい、あるいはマスクが苦手な患者さんもいます。
そこで注目されているのが、体内に埋め込んだ特殊な装置により、無呼吸になったときに舌の神経に電気刺激を与え、気道の通りを良くするHNS(舌下神経刺激療法)という治療法です。
マイアミ心臓血管研究所のWalia博士は、CPAPあるいはHNSで治療中の患者さんを1年間追跡し、HNSの方でより睡眠や生活の質の改善が認められたと報告しました。
本研究の結果から、CPAPが合わない中等から重症の睡眠時無呼吸患者さんでは、NHSが症状改善に役立つ可能性があると考えられます。



(文責:株式会社プロウェーブ《prowave.co.jp》/引用: ロイターヘルス)

みんなの医療ニュース 一覧
診療時間 日・祝
午前 
9:00~12:00

13:00まで
午後 
15:00~19:00
補聴器外来は月曜、金曜のみ(ご予約には受診が必要です)
休診日:水曜、日曜、祝日/土曜は9:00~13:00まで

オンライン受付

携帯電話、スマホ、パソコンから受け付け予約が可能です。

オンライン受付

自動電話予約

受付システムのご案内