みんなの医療ニュース

2022.06.24

酸素カプセルで突発性難聴が改善する可能性

ブリティッシュ・コロンビア大学のNunez博士は、突発性難聴に対する治療について過去の研究を解析し、「標準的なステロイド治療に加えて、高気圧酸素療法を受けた患者の聴力は平均10デシベル強、向上していた」と報告しました。
高気圧酸素療法は、気圧を高めた特殊なカプセルに患者さんが入り、体内の酸素量を増やす治療法です。
解析の対象とした研究では、いずれも難聴の発症から7〜10日以内に高気圧酸素療法を開始していたことから、効果を得るには早期に治療を開始することが重要と考えられます。
また、高気圧酸素療法は、高気圧による体内の損傷や、めまいや嘔吐など酸素中毒のリスクもあるため、「治療によるメリットとデメリットも考慮する必要がある」とNunez博士は指摘しています。



(文責:株式会社プロウェーブ《prowave.co.jp》/引用: ロイターヘルス)

みんなの医療ニュース 一覧
診療時間 日・祝
午前 
9:00~12:00

13:00まで
午後 
15:00~19:00
補聴器外来は月曜、金曜のみ(ご予約には受診が必要です)
休診日:水曜、日曜、祝日/土曜は9:00~13:00まで

オンライン受付

携帯電話、スマホ、パソコンから受け付け予約が可能です。

オンライン受付

自動電話予約

受付システムのご案内