診療について

耳鳴TRT療法

耳鳴りとは?

耳鳴りとは、周囲に音がない状態にもかかわらず、音が鳴っていると感じる状態のことをいいます。片方の耳で鳴っていると感じることもあれば、両方の耳の場合もあります。
耳鳴りが起こるくわしいメカニズムは不明ですが、他人には耳鳴りの存在を確認することができません。そこで、問診を中心に、耳鳴りの強さを調べる聴力検査機器(オージオメータ)などを用いて確認を行います。

耳鳴りの症状と原因

耳鳴りは、大きく次の2つに分類されます。

  • 拍動性耳鳴り:心臓の鼓動のように一定のリズム脈打つ耳鳴り
  • 非拍動性耳鳴り:拍動性耳鳴りに該当しないタイプの耳鳴り

拍動性耳鳴りは、動脈硬化や高血圧、片頭痛、不整脈(脈が乱れた状態)といった身体の病気や、薬の副作用などが原因で起こると考えられています。また、非拍動性耳鳴りは、加齢やストレスによる難聴、慢性的な痛み、女性ホルモンの分泌低下などが原因で起こると考えられています。
このように、ひとくちに耳鳴りといってもその原因は多岐にわたり、原因が1つのこともあれば、複数が重なって生じていることもあります。

耳鳴りの対処法

現在、行われている耳鳴りの治療には、カウンセリング、内服による薬物療法(ビダミンB12、循環改善薬、精神安定薬、抗うつ薬)、ステロイドやキシロカイン(局所麻酔薬)を耳の中に注入する薬物療法、TRT(耳鳴り再訓練療法)などがあります。
これらの治療と並行して、日常生活を見直すことも耳鳴りの改善には重要となります。

  • リラックスを心がける
  • 生活の中で、積極的に音に耳を傾ける
  • 適度な運動を行う(血流を良くする)
  • 禁煙する(血流を良くし耳の中の機能を改善させる) など

TRTについて

TRT (Tinnitus Retraining Therapy:耳鳴(じめい)再訓練療法)は、補聴器やサウンドジェネレーター(音源治療器)という装置を用いた治療法です。耳鳴りとはタイプの異なるノイズ音を流すことで、脳に耳鳴りの音を気にならなくさせる効果があります。欧米を中心に普及してきましたが、最近は日本でも取り入れる医療機関が増えてきています。 最初は短時間の使用から始め、最終的には1日6時間程度をめどに延長します。半年~1年半程度で耳鳴りが軽くなっていると感じ、最終的に耳鳴りが気にならなくなる人もいます。

耳鳴りがあっても気にならない状態にすることが、TRT療法のゴール

ただし、次のような方ではTRTが行えない場合があります。

  • 高度難聴(装置から流れる音が聞こえないレベル)
  • うつ病など精神疾患がある
  • カウンセリングも含め治療の内容が理解できない
  • 耳鳴りが完全に消えることを希望している

TRT療法を受けるには

耳鳴りでお悩みの場合には、はなまるクリニックを受診いただき、ご相談ください。
受診の際は、オンライン受付からご予約をお願いいたします。

診療時間 日・祝
午前 
9:00~12:00

13:00まで
午後 
15:00~19:00
補聴器外来は月曜午前のみ(ご予約には受診が必要です)
休診日:水曜、日曜、祝日/土曜は9:00~13:00まで

オンライン受付

携帯電話、スマホ、パソコンから受け付け予約が可能です。

オンライン受付

自動電話予約

受付システムのご案内